Menu

Account

Search

Search Works>>Works Details

Manga霞みゆくもの

霞みゆくもの

孤児の少年が偶然助けた少女は、不可思議な力を操る秘匿された民族の子孫だった。二人は少女を利用しようと追う者たちから逃げるが、いつしか事態は世界の危機へと発展してしまう。
過酷な運命に引きずり込まれながらも立ち向かって行く二人の末路とは・・・

Step Up Cource
Twitter
facebook
line

Episodes

Reordering
  • 第14話

    崩壊した異世界をあてどなく彷徨うアムリタ。気力も体力も限界に近付く中、悟った事は

    New
  • 第13話

    アムリタが目覚めるとそこは一面荒野。どうやら別の世界に来たようなのだが・・・

  • 第12話

    何かに乗っ取られたアムリタは異世界に繋がる穴の封印を解いてしまう。瀕死のゼクが必死で放った銃弾は・・・

  • 第11話

    ラーサを殺す、それが二人の選択だった。 果たしてそれは上手く行くのか。

  • 第10話

    二人はレテに向かうために霧の中へ

  • 第9話

    壁にめりこんでいた男はレテの子孫による秘密結社の一員だった。男は異常な状況をつくり出している犯人を明かすのだが

  • 第8話

    謎の力を使って化物を一掃するアムリタ。だが力に呑まれつつある彼女をゼクは危惧する。

  • 第7話

    一連の奇妙な現象について推察を始めるアムリタとゼク。うまく利用できればこの状況を打開する事ができるかもしれない。 だが化物達は執拗に二人を追い回す・・

  • 第6話

    化物に追われる形で扉へ飛び込んだゼクとアムリタ。そこでも不可思議な現象が起こり、ますますわけがわからない。

  • 第5話

    街は化物だらけになっていた。何が起きているのか分からず狼狽するゼクに対し、アムリタは存外冷静なのだが・・

  • 第4話

    イスタまでの経路を調べたアムリタとゼクは今夜の宿へ。束の間の安息を得るのだが・・

  • 第3話

    悪い事に追手が到着してしまう。だがゼクの一手で車を奪う事に成功した二人は汽車で逃げるために駅へ向かう。

  • 第2話

    アムリタとゼクはブラウと言う人物を訪ねる。ブラウはアムリタに関して重要な話を始める。

  • 第1話

    少年ゼクは路地裏で倒れている少女を介抱する。少女は自分が何者かに追われていると話すのだが

Display All

Reordering

Comments

No comments.

May you send comments as well?

登録して応援しよう 登録して応援しよう

りーば

りーば

りーばと申します。
苦味がありつつも報われない人たちに寄り添うような作品づくりを目指しています。
よろしくお願い致します。

Introduction of amateur manga writers

りーば

りーば

りーばと申します。
苦味がありつつも報われない人たちに寄り添うような作品づくりを目指しています。
よろしくお願い致します。

PAGE TOP