Menu

Account

Search

Search Works>>Works Details

Mangaニライ・カナイ 海の向こう側

ニライ・カナイ 海の向こう側

凶作の続く村を救うため、一人の少年が豊作の神様を求めるお話。記録に残らなかった神話の時代の小話。
時々流血表現、残酷表現があるので注意です。

Step Up Cource
Twitter
facebook
line

Episodes

Reordering
  • 第二十六話(終)

    めでたしめでたし。 後日談があるのですが、それはBOOTHで電子書籍を買ってもらうか、紙の本もわずかに在庫があるのでお問い合わせいただくかしてください。

  • 第二十五話

    沖縄の気象条件だと発生しないはずのオーロラ。

  • 第二十四話

    ここはどこ?

  • 第二十三話

    トヨウケビメ参上。

  • 第二十二話

    アマテラスの決意。

  • 第二十一話

    あと5話。アマテラスの荒魂、ただ「美しい」という言葉だけが後世に語り継がれるのでした。

  • 第二十話

    流血表現注意。先に言ったぞ。 ものがたりはまだまだ続くよ。

  • 第十九話

    主人公の病。神のついた狩人。そして警戒すべき敵。 いろんなものが登場してきます。

  • 第十八話

    痴話喧嘩は犬も食わない。

  • 第十七話

    主人公むかしばなし。

  • 第十六話

    アマテラスの力のこと、ツクヨミがよく知っていました。

  • 第十五話

    おや? 主人公の ようすが…? ニライカナイもう一つのテーマ。アマテラスの力の弊害。

  • 第十四話

    過去に起きた戦の話その2。バトル回です。

  • 第十三話

    過去にあった戦の話。その1。

  • 第十二話

    なまえ を てにいれた!!

  • 第十一話

    「ナオ」は名前じゃないよ。

  • 第十話

    神様のありがたい教え。

  • 第九話

    心配する村の人々と、主人公のささやかなプレゼント。

  • 第八話

    道中は危険がいっぱい。そんな中アマテラスが発した力は、とんでもないものでした。

  • 第七話

    アマテラスを仲間にした主人公。立ちはだかるのはやっぱりあの人でした。

  • 第六話

    勾玉は神様の物だったようです。

  • 第五話

    風を頼りに、たどり着いたのは大きな社でした。

  • 第四話

    ニライカナイを知ってる神様を求めて、主人公は再び旅路に出ます。

  • 第三話

    どうやらここはニライカナイではなかったようです。

  • 第二話

    周囲に内緒で旅に出た主人公。 流れ着いた先は、聞いたことのない言葉を話す人の村でした。

  • 第一話

    凶作の続く村。一人の少年が勾玉を見つけるところからすべては始まります。

Display All

Reordering

Comments

2021-03-28 21:04:33 つばめとさくら

ありがとうございます。「和」の要素を入れて背景やキャラクターを作るのは意識していることなので、この先も出てくる要素にどうぞご期待ください。

2021-03-11 12:54:03 えんじおりべ

絵柄が好みです。雲・山・波・風などの描き方も感心するばかりです。私の気のせいでなければ、麻の葉や青海波などの和柄が効果的に使われていて、ワクワクします。『和』に造詣が深く、勉強熱心な姿勢が伺えて尊敬です。続きも楽しみにしています。

May you send comments as well?

登録して応援しよう 登録して応援しよう

お仕事受付中

つばめとさくら

つばめとさくら

日本神話をもとにしたお話を描いています。
今は漫画のみですが、イラストやキャラクターの有償依頼も受け付けを始めてみました。
プロスポーツ選手のイラストを手がけたことがあります。

Introduction of amateur manga writers

お仕事受付中

つばめとさくら

つばめとさくら

日本神話をもとにしたお話を描いています。
今は漫画のみですが、イラストやキャラクターの有償依頼も受け付けを始めてみました。
プロスポーツ選手のイラストを手がけたことがあります。

PAGE TOP